スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
花嫁さん
今日見た夢が久しぶりに嬉しくて笑顔が止まらない夢でした。

夢に出てきたのは、演劇部でお世話になったNさん。

私が入部した当初、演劇部員は3年生が5人と2年生が1人、1年生は私だけという小さな小さなクラブでした。

私の初舞台は、私を含めて5人が舞台に上がりました。
人数がギリギリで音響さんや照明さんが足りないのです。
1人いれば十分じゃないの?と思われるかもしれませんが、意外と人数がいるのです。

そこで大変お世話になったのがO高校演劇部の皆さん。

ウチとは比べ物にならないほど、大所帯。
そこの部長が3年生のNさんでした。

初めて顔を合わせた時のあの優しい笑顔は、私にとって何物にも替えがたいオアシスのようでした。

人があまりに沢山いて、あわあわする私に笑顔で

「こんにちわ!よろしくね!」

と声を掛けてくれたNさん。
沢山いる部員を一声で集めてくれて、自己紹介をするようにと指示を出していました。
あれだけ沢山いれば、一人くらい反抗的な態度をするもんじゃないかと思っていましたが、みんなニコニコとNさんの指示を聞き入れて自己紹介をしてくれました。

ウチの学校では「苗字+さん」で呼ぶのが普通だったので、その通りに呼びかけようとしたら

「ウチはお互いを名前で呼び合ってるから、名前で呼んでいいんだよ」

と教えてくれました。

だから、先輩でも同い年の子でも、みんなが名前呼び。
凄い!と思ったのは、一部の人たちなんですが、呼び捨てなんです、後輩が先輩を呼ぶときでも。

Nさんとは夏にワークショップで一緒に練習しましたが、Nさん大好きっ子だったので付きまとってばかりでした(笑)
さぞ・・・Nさんは迷惑したことと思います(;´Д`)
そのくらいひっつき虫していましたから。

Nさんが高校を卒業して、大学へ進学されて・・・その後がつかめずにいたのですが、mixiで思いがけず見つけることが出来て、今でも時々ブログなども覗かせていただいております。

そんなNさんが夢の中に出てきたのです。

私は何か情報を集めている人で、どこかの真っ白い大きなホテルのラウンジで誰かと話をしているのです。
さて、帰ろうかと思ってホテルを出ようとしたら、何故か出られないのです。
走り回って、目の前の扉を開けると、そこにあったのは新婦さんの控え室。

おっと、ここじゃないなと外に出ようとしたら、真っ白なウエディングドレスに身を包んだ人が入ってきました。

「みきちゃん!」

直ぐに私の名前を呼んでくれたNさん。

「Nさん!」

でも、私は何故かとても急いでいたのです。

「Nさん、おめでとう!今は時間がないけれど、きっと必ずお祝いしに行きますから!とても綺麗ですよ!」

と手を振りながら、私は出口を探しました。
すると不思議なことに、目の前に光があって、中に入ると外なのです。

一息ついていたら、私の視界に人影が入ってきて

「みきちゃん、ここにいたの?」

とNさんが、今度はキレイなピンク×黒のドレスを抱えたまま、私を探しに来てくれました。

「みきちゃん、ゆっくりでいいんだよ。慌てなくてもいいんだよ。逃げたり隠れたりする必要どこにもないだから。大丈夫、きっと大丈夫」

とNさんが笑顔で言ってくれました。
Nさんが大丈夫って言うんだから、間違いなく大丈夫です。

だって、Nさんは私にとって心の姉ですから。
お姉ちゃんが言うことは間違いないですから。

夢の中でNさんに会えた事がとても嬉しかったです。

実はNさん、もうすぐご結婚なさるそうで、今は式場選びの真っ最中なのだそうで・・・。
だからかな、花嫁さん姿のNさんの夢を見たのは。
スポンサーサイト
【2009/09/05 08:03 】
一日一笑 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<アクセス解析 | ホーム | 紅葉>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://itinitiissyou.blog47.fc2.com/tb.php/1228-ce836296
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。