スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
10年前
今から10年前。

1998年。私がまだ高校生だった頃。
今日9月24日、大災害が起こりました。

高知県下全域で恐ろしいほどの雨が降り、県下あちこちで大雨による被害が出ました。

幸いにも我が家は何故か浸水しなかったんですが、2・3歩くらいしか離れていないお隣は床下浸水。
お隣の家を越えると、腰までも水が来て大変でした。

消防の方も出たりして、本当に大変だったのを覚えています。

もちろん学校に行くと、来ていない子もちらほら。
大津や高須地区のクラスメイトは床下や床上浸水で、出てきたくても出てこられないという子がどこのクラスにもいました。

98豪雨と名づけられたその豪雨。
マンホールのふたが開いて、その中に吸い込まれてしまい命を失った人がいました。
家の中に居たのに、水が入ってきて、そのまま溺死した老夫婦もいたように記憶しています。

高知は昔から台風銀座なんて呼ばれていて、過去に何度も台風による被害はありましたが、あのときの豪雨は台風が過ぎ去った後に起こった豪雨。
秋雨前線が活発になりすぎての結果だったように記憶しています。

台風が多い土地柄、ポンプ場などの排水設備は他の都道府県よりはしっかりしていたはずなのに・・・。

あの豪雨をキッカケに、沢山の人が災害というのはいつ起こるのか分からないと認識しました。
そして、あの豪雨をキッカケにボランティア活動をする組織が立ち上がった・・・ような気がします。
私も、豪雨のボランティアに登録に行ったんですが、殆ど片付いているからと何もせずに帰ってきた記憶が・・・(-_-;)
その後『ボランティアに登録しませんか?』という案内が何年かして来たんですが、結局登録しないままになっています。

10年前の災害。
あっという間の10年。
でもあのときの傷跡はまだ残っている人もいるはずです。

高校を出て、社会に出て、二十歳の頃に採用してもらった職場が、まさに災害の後処理をする職場でした。
あの時、私があの職場に採用されていなかったら、多分、10年前の今日が98豪雨の起こった日だなんて忘れ去っていたと思います。

あれから10年。
少し(いや、随分かもしれない・・・)大人になった私ですが、あの時の自然の怖さはずっと忘れずに生きていきたいと思います。

あの時失われた尊い命に・・・黙祷をささげたいと思います。
スポンサーサイト
【2008/09/24 17:46 】
一日一笑 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<明日は | ホーム | 久しぶりに・・・>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://itinitiissyou.blog47.fc2.com/tb.php/852-5d5344f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。